ブログ副業

【簡単】グレーハットSEO?被リンクを無料で獲得する方法【2021最新】

長いことブログやってるのに検索結果で上位表示出来ない!

記事内容は上位陣にも負けてないのに!

それ、もしかしたらドメインパワーが弱いのではないでしょうか?

どんなにいい記事書いてもドメインパワーが弱いといつまでたっても検索順位上がりません

ここでは簡単にドメインパワーを上げる被リンクを無料で獲得する方法をお教えします

まぁ言ってみれば自演リンクなんですがブラックではないです

ドメインパワーとは

まず検索結果で上位表示するには読者の悩みを解決するのが一番重要です

ユーザーのためになる記事を書いてあるサイトを上位に表示するわけです

これをグーグルのロボットがやってます

ではなにを基準に判断しているかというと「分かりません」が答えになります

公開されてないのでそうとしか言えないのです

しかしすでにある程度は推測されてます

例えばユーザービリティが高いサイト

使いやすいサイトですね。

ごちゃごちゃして階層分けされてないサイトより綺麗にまとまってるサイトの方が高く評価されます

他にもユーザーの滞在時間が長いことや同じキーワードで再検索されないサイトなどはグーグルからの評価が高くなります

この評価の一つにドメイン自体の持つ力、ドメインパワーがあります

ドメインパワーはドメインが使われてからの年数や被リンクなどによって決まります

被リンクはリンクを受けることです

逆に自分がリンクを飛ばすことを発リンクといいます

ドメインパワーをあげるには

ドメインパワーをあげる前にまずは今のドメインパワーを知りましょう

無料で簡単に調べるにはこちらのサイト

ドメインパワーチェック

自分のブログのURLを入れるだけ

どうですか?

この数値が低い内はどんなに良質な記事書いても上位表示は厳しいです

ちなみにこれは僕のブログのドメインパワー

初めて1ヶ月たってないのにある程度の検索流入が来るのはこのドメインパワーのおかげ

ドメインパワーはチェックツールによってかなり変動します

あくまで参考までに

あくまでも推測。確定情報はグーグル以外出せませんから

ではどうやってあげたかというと中古ドメイン

詳細はこちらの記事初心者ブロガーが中古ドメインに移管してみた!効果は?【手順と費用】

中古ドメインはドメインの年齢が高く、被リンクも多い為にドメインパワーが高くなります

全く0の人などは中古ドメインで作り変えるのもアリですが、ある程度育ったサイトのドメイン変更は大変です

ですのでここでは簡単に出来る被リンク獲得について解説します

被リンク獲得する前に注意点!

さっそく被リンク獲得方法にいきたいのですがその前に大事な注意点です

通常被リンクは良質な記事や一次情報の記事により自然に獲得するものです

一次情報は体験談などのネットに載ってない記事です

他の人の参考になるためリンクを受けやすくなります

または寄稿などにより被リンク貰うのが本来です

実際はかなりムリゲーなんですが、そんなものとして説明してるところがほとんどです

そもそも検索上位に表示されないと見られない=被リンク獲得出来ないです

良質な記事書いても誰にも見られなければリンクなんて受けれません

ですので、ここでは【誰でも簡単に】被リンク獲得出来る方法をお教えします!

がノーリスクではありません

必ず自己責任でお願いします

ほぼ間違いなく大丈夫と思いますがグーグルは大量の自演リンクを禁止してます

明らかな自演リンクではありませんが見方によればペナルティの対象です

まぁこれがダメならかなり数のリンクがダメになるので心配はしてませんが、念のため自己責任にて

一気に被リンク獲得せずに少しずつにするなど工夫して行って下さい

では本題行きましょう

相変わらず前置きが長い

簡単に無料で被リンクを獲得する方法

被リンクは誰でも簡単に獲得出来る方法があります

それはプロフィールや投稿記事・ランキングサイトにリンクを貼ることです

具体的にいきます

定番ランキングサイト

ランキングサイト

ブログ村 

ブログランキングサイトと言えばこれってくらい有名で参加するだけで被リンク貰えます

人気ブログランキング

名前の通りです。ブログ村とほぼ一緒

FC2ブログランキング

ほぼ一緒ですがドメインパワーは弱め

ランキングサイトのいいところは流入効果も期待出来ること

初めのうちは貴重な流入元になります

ブログランキングは検証してもどこにもリンク効果がありませんでした

が、ネットで言われてるから載せてます

僕よりちゃんと調べてるはずなんで

ブログサークル

人気ブログランキングと同じ運営会社がやってるブロガー交流サークルです

記事ごとにリンク貼るため個別記事の被リンク効果が期待できます

それ以上に初心者は学ぶところも多いのでおすすめ

かなり優秀な被リンク効果です

無料ブログ

次は無料ブログです

無料ブログに登録して自分のメインブログにリンク貼るだけの簡単作業

ただしグーグル先生は無料ブログからの被リンクを警戒してます

やりすぎるとペナルティ対象ですので扱い注意です

はてなブログ

はてなブログのいいところははてブ!

はてなブックマークですね

これにより簡単に各記事ごとにリンク貼れます

ただしやりすぎに注意の代表例でもあります

blogger

グーグルが買収した無料ブログサービス

英語圏では大人気

なぜこれを持ってきたかというとグーグル運営だから

自分のサービスからは自演リンクも許してくれそう

いや知らないけど

その他の無料ブログ

無料ブログは他にもいろいろありますが、前述したようにグーグルは自演リンク警戒してますのであまり紹介しません

ガチ勢以外は無料ブログはあまりおすすめしません

作りこんでないとあまり効果ないです

ピンタレスト

画像検索サービスです

画像にタグ付きリンクを貼り画像クリックするとブログに飛べます

タグは関連性の高いものを選べば良質な被リンクになります

またピンタレストからの流入効果もかなり高いです

が、同じページを大量にリンクさせるとグーグル・ピンタレスト共にペナルティ対象なので注意

NewsPicks

お気に入りのニュースにコメントするヤフーニュースみたいなサービス

違いは自分の記事もニュースに出来る

この際に被リンク効果があります

HTML名刺

ウェブ名刺の一種です

ツイッターアカウントさえあれば登録可能でプロフィール充実させるサービスです

ここで自分のブログのリンク貼るだけ

ペライチ

1ページのサイトを無料で持てるサービスです

テンプレートがありますからここで自分のブログを紹介しましょう

Linktree

複数のリンクを一つにまとめるサービス

一つしかリンクを貼れないインスタで大活躍

パワーランクランキング

ドメインパワーチェックしたところのランキング

ドメインパワー順にランキングされます

流入なんて期待出来ませんが被リンク効果はあります

タイムチケット

みんな大好きタイムチケット!これだけリンク無し笑

なのにまたタイムチケット詐欺が発生中!騙されない為の知識とタイムチケットについてこれは貼る

プロフィールはリンクにはならないっぽいですが出品商品にリンク貼ったら被リンク効果あります

有名だけど被リンクがほぼないもの

被リンク効果がないものにはnofollow属性がついてます

nofollow属性とはリンクは貼りますがページパワーは渡さないということです

nofollow属性がついてないものはdofollowですが通常のリンクですので覚える必要もないです

nofollow属性がついてるリンクはどんなに良質であってもほぼ効果はありません

ほぼなのはグーグルがnofollowはヒントにするって言っているから

ヒントなので100%ではないですが効果はないと思っても問題ありません

nofollowでもサーチコンソールのリンクには出る不思議仕様なので詳しくはグーグルに聞いて下さいな

nofollowの確認方法はこちら

近いうちに作ります 作りました

ではnofollow属性ついてる有名なサービス

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

などほとんどのSNSはnofollowです

副業系では

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

などもnofollow

ちなみにココナラは外部リンク自体が規約違反なのでやらないようにしましょう

意味もないですし

副業系は有名どころ以外はnofollowついてないところが多かったです

僕にとって関連性高いから美味しいけど怪しいとこが多いのが残念すぎる

あとはnoteをおすすめしてるとこが多いですがnoteはnofollow属性ついてます

赤く囲われてるところがnofollow

埋め込みリンク(文字にリンク貼る方法)でも直リンクでもダメでした

いろいろ試しましたが全てnofollowでしたのでnoteはやるだけ無駄です

いや、いいサービスですよ

普通に使う分には

結局グレーなの?ブラックなの?

ペナルティ受けない限りはグレーだよ!

なんて言う気はありません

そもそも勘違いしてる人が多いのですがグーグルは自演リンク禁止していません

グーグル検索エンジン最適化スターターガイドでもウェブサイトを宣伝する時にリンクが有効と言ってます

注意点ではやりすぎるなよ!リンクは買うなよ!とも言ってます

さらにやりすぎの基準も出してます

1 ページのリンクを最大で数千個が妥当な数とのこと

ウェブマスター向けガイドライン

ただしこれは「最大で」です

例えば10年運営している上場企業サイトに数千個のリンクがついているのは不自然じゃないですが、

作ったばかりの1記事しかないサイトに数千個のリンクがあれば明らかに不自然です

サイトの規模によって上限が変わると推測するのが妥当です

つまり不自然にならずに、リンクを買わずに貼る自演リンクはOKとグーグルが認めてるのです

ここでいう「不自然」は数だけでなく、広告にすらなってないペラペラのページからのリンクも不自然なリンクとみなされると思ってた方がいいです

普通そんなページからリンク貼らないですからね

無料ブログでやる人は更新しまくるガチ勢のみですね

そんな時間あればメインブログを作りこみましょう

まあ、自然な数で広告としてリンク受けるのは推奨されているのです

グレーですらない真っ白ホワイトですね

僕のような作ったばかりですでに被リンクついている中古ドメインの場合は2週間で2〜3個ずつ自演リンク貼ってます

2週間なのはサーチコンソールのリンクに表示されるのがだいたい2週間なんで

グーグルが確認してるのが2週間周期と予測しただけです

すでにある程度記事あれば5以上作っても問題ないと思われます

もっといけるとは思いますが、そのへんの判断は自己責任

まとめ

どのサービスもそうですが単にリンクだけを貼るのはペナルティ対象になる可能性が高いです

大事なのはある程度作り込むこと

関連性の高いページを作り込むことで良質な被リンクとしてみなされます

僕はボツ記事を無料ブログに書いてます

副業系のボツ記事なんで関連性ありの2000文字程度は書いてます

この程度でどこまで効果あるのかは不明ですが

そもそも異常な量の自演被リンク無い限りほぼペナルティはありえません

じゃなきゃ関連性の欠片も無い被リンクがついてる中古ドメインは全てペナルティ対象です

現実にはサテライトサイト(メインブログに送りこむだけのサイト作って大量のペラページからリンク送ったり一気に数百、数千個の被リンクついたりしない限りはペナルティにならないと思われます

SEO業者からリンク買ったら一発アウトでしょうが

またこれをしたからといって検索結果上位に表示されるわけではありません

被リンクはドメインパワーをあげるだけで記事の内容を良くしてくれるわけではありません

前提として読者の役に立つ記事でなければドメインパワー高くても無駄です

ええ、僕のことです

また上位表示されてるサイトとはそもそものリンク数が比較にならなかったりします

しかしなにもしないと差は開く一方です

出来ることから始めていきましょう

いつか上位陣抜いてやる!

という気概だけは持ち続けたいものですね

ABOUT ME
旦那の方
いろんな副業やっていろいろ失敗もしてきました。 月に何十万なんて稼いでないですが、始め方は知ってます。 最近は本業忙しく時間が取れないので好きな時間に出来るブログ書いてます。 ブログは本当に未経験からなので悪戦苦闘中